レインシューズに思う

日本は季節や地域によってレインシューズの活躍する機会が多い。

季節に代表される6月の梅雨と9月の秋雨、また、温暖化で台風の接近・上陸する期間が長くなってきている。冬の日本海側には降雪期があり、伊豆七島や小笠原諸島は亜熱帯特有の集中豪雨などなど。レインシューズの出番はことかかない。

想像して欲しい。雨の日に履く靴といえば「ゴム長」だが、ゴム長はカラフルになったとはいえファッション性はおろか、おしゃれなどと呼べる代物ではない。

雨の日はおしゃれを諦めざるをえないのか・・・そこに一石と投じたのがCHAKA(チャカ)の「Rain Boot(レインブーツ)」だ。

CHAKA Rain Boot Mens

Rain Boot Mens
革のシワ感も再現されたウィングチップレインブーツは、 スラッシュ製法と呼ばれる成型方法で一体型の鋳型にPVC(ポリ塩化ビニル)を流し込み型をとることで、 つなぎ目のない完全防水を実現しております。雨の日にはもちろんのこと、突然の雨や雨が上がった後でも気にせずお使いいただけます。
ビジネスシーンにもオフシーンにも対応できるトレンドのウィングチップデザイン。 サイズ展開 S26.5cm相当(40)・M27.5cm相当(41)・L28.5cm相当(42)の3サイズ展開 厚めの中敷きをお使いいただければ中間サイズの方にもフィットします。

PCV(ポリ塩化ビニル)を靴のアッパーに用いることで防水性とデザイン性を両立させること考えたCHAKA(チャカ)は、スラッシュ製法という一体成型方法を採用することで継ぎ目のない完全防水を実現し、かつ、革のシワに加えウイングチップのデザインをも表現したのだ。

これまでになかったレインシューズの登場である。

今なら送料無料 CHAKA Rain Boot Mens
先駆者がいれば必ず追従するものがいる。最近、釣り関係のSNSで話題になったレインシューズがある。それがワークマンの「6525 PCV防水シューズ TC」だ。

後発のライバル ワークマン 6525 PCV防水シューズ TC

釣り関係のSNSで話題の防水シューズです。
レインーブーツとスニーカーのちょうど中間のデザインでカジュアルにも履けます。
防水素材なので汚れやすいガーデニングや洗車、キャンプなどにおすすめ!

機能比較

CHAKA(チャカ) Rain Boot Mens ワークマン 6525 PCV防水シューズ TC
素材 PCV(ポリ塩化ビニル)
デザイン性
ソール スニーカー タンク
価格 4900円 1500円

単純なコストパフォーマンスを見れば圧倒的にワークマン優位に思えるが、考えてみて欲しい。

靴のソウルはソールだ

靴は履きごごちがよく歩きやすいのが大前提である。もし、頻回に釣りやキャンプに行くのであればタンクソールのワークマンを選ぶのが正しい。しかし、普段の生活において釣りやキャンプに行く機会と雨の中を歩く機会どちらが多いだろうか。断言する、間違いなく後者だ。
町中や通勤での使用が圧倒的に多い場合、適しているソールは明らかにスニーカーソールの方ではないか。

結論、選ぶべき1つはチャカ

一年の1/3も釣りやキャンプにはいかないだろう。だとすればワークマン優位に見えるコストパフォーマンスは意味を持たない。
日常生活に使え、デザイン性も優れており、さまざまなコーデを楽しめるレインシューズはチャカで間違いない。

牛皮風ウィングチップ一体成型のレインシューズはまさに選ぶにふさわしい【おしゃれを楽しめる】レインシューズだ。

Rain Boot Mens Code

今なら送料無料 CHAKA Rain Boot Mens

オススメ記事