一生モノ

教えて靴の知恵袋

靴に使われている革はお手入れを続ければ一生モノで使える素材である。

お手入れを続ければという条件付きだ。さらには革という素材限定だ。 言い換えれば革以外の部分は消耗するということ。 またお手入れをしなければ一生モノの革でさえダメになってしまうということ。

日本人は年間靴購入平均5足程度というデータがある。
しかしながら自分にフィットし一生モノの靴に出会うことは低いと感じる。

一生モノと思える靴に出会ったら、お手入れをしてでも履き続けたいと思う。
同じ靴を買い直してもそんなことはないことが多い。
あれっ?こんな履き心地だったっけ?なんかちょっと違うぞ?
製造工程に手作業が多い革靴は1足1足違うのだ。
そして革靴は履いているうちに自分の足にフィットして変化をしてくれるのだ。

そんな時にはお手入れ、時には修理をしてでも履き続けたいと思うもの。
革靴ならではそんなことができるのだ。

増え続ける下駄箱の靴は時に断捨離しなければ…
そして一生モノに出会いを求め、また新しい靴を!

 

送料無料: ウィングチップカモウソール ブラック/エナメル を購入

 

Chaka製品 修理一覧
・中敷(インソール)交換 (費用¥1000~)
・靴ひも交換(費用¥800~)
・本底(ソール)交換 (費用¥9000~)
・その他 お問い合わせください
Tel : 03 6407 0970

(JK)