スニーカー底の相棒

新宿で久しぶりにフラメンコを見た。衣装もギターも悪くないが、職業柄気になるのは靴。酷使されてるなぁフラメンコシューズ。
タップダンスの靴は優しく遊んでもらってるみたいなのにフラメンコは床に叩きつけられてるようだ。
靴には仕事が多い。役目と言ってもいいが、人が身につける物の中で一番具体的な目的を持っているだろう。作業の時や走る時、バイクに乗ったり馬に乗ったり、寒い時暑い時、外用内用。ベーシックな機能を備えたその上で見た目だ。苦労は尽きない。

それだけに、寄り添ってくれた靴には愛着が湧く。ものすっっっごく大げさに言うと「戦友」みたいな。一緒に戦った仲間のような。時に励まし合いケンカしながら歩いてきた友達のような。
フラメンコバルは少し敷居も高く、ジャケットに合わせて久しぶりに履いた革底の靴は、なんかの罰みたいに足を締め付け始めていた。しかもその後に寄ったゴールデン街のカウンターには似合わない。
今日はフォーマルっぽいのにスニーカー底のあいつと出かけるべきだったなとか、どうでもいい後悔なんかする夜。

終電逃したのにこいつとじゃ家まで歩けないな。(TA)

ウィングチップ型スニーカーベーシック
ItemNo.1080,1080C,1132-5type Wing -Tip SN(basic) 牛革と羊革。基本一足は欲しいウィングチップ型スニーカー。エナメル加工はグロッシーでゴージャス。黒と銀のソールは白とカムフラージュ。基本中の基本は総白色。5タイプ展開中。Price:¥22,000(税抜)
送料無料:Wing Tip Sneaker BLACK/Eを購入